VALWAY採用サイト

事業運営本部 第1APS部 2グループ
リーダー
松見 大雅
(2014年入社)

十人十色の個性を仕事に生かす。
人材育成のプロを目指して
“松見塾”を開講中

僕はもともとオペレータとして「VALWAY121ネット」に入社しました。コールセンターでの(仕事)経験はありましたが、以前は受信業務がほとんど。今は大手通販会社の個人向け発信業務を担当していますが、受ける側と発信する側ではまったく別物です。発信業務は、どうしたらお客様の貴重な時間をいただけるか、どういう話の展開をすれば興味を持ってもらえるか…といったことを常に考えながら向き合うので、とても頭を使います。ただ僕自身は人と話したり、コミュニケーションを取ることが好きなので、すごく向いている仕事だと思っています。

さらに管理スタッフとして、新人オペレータやリーダーになる人材の育成にも携わっています。人呼んで、〝松見塾〟。冗談みたいな話ですが、これが意外にも社内で認知されていて、松見塾が新人の登竜門的な教育プログラムの一環になっているんです(笑)。塾ではオペレータとしての基礎知識やお客様との向き合い方など基本的なことを教えるのはもちろんですが、内容よりも風通しを良くして「ここは働きやすい」と思ってもらえるような環境づくりも大切にしています。一緒に悩んだり、喜んだりしながら、お互いに成長していることをいつも実感しているので、やりがいもあります。これは僕自身がオペレータとして難しく感じたことや、苦労した経験を持っているからこそ。十人十色の個性がありますから指導方法はさまざまですが、最終的にはそれぞれのオペレータのいい部分を最大限に引き出して、それが仕事に生かされていくことが一番。そうすれば配属された部署はもちろん、ひいては会社に貢献できるはずです。僕自身はそこを目指して、日々〝塾長〟業務に努めています。

松見 大雅「新人教育も実務も、「大雅になら、安心して任せられる」と言われる存在を目指します」

新人教育も実務も、
「大雅になら、安心して任せられる」
と言われる存在を目指します

“松見塾”もそうですが、「VALWAY121ネット」はやる気があれば、チャレンジをさせてくれる会社です。「自分はこんなことをやってみたい」と熱意を持って主張すれば、「じゃあ、やってみたら?」となるわけです。そこは勤務年数や役職、年齢に関係なく、誰にでも平等にチャンスが与えられる。もちろん1人の力では到底なし得ないこともそのチャレンジに価値があれば、みんなが協力してくれます。失敗したとしても、それが新しい挑戦に向けた一歩になると思わせてくれる環境があるので、いつも前向きな気持ちでいられる。だから、日々の仕事に本当にやりがいを感じています。

上下関係はあるけれども、「自分はこうだと思います」と互いに言い合える職場環境だから、いろんな角度からモノを見ることができるし、他人の意見も「そうゆう方法もあるね」と素直に受け入れることができる。それがとてもありがたく、自分自身の成長につながっていると思っています。いつか「大雅になら、安心して仕事を任せられる」と言われるように経験を積んで、数年後には“松見塾”を卒業したメンバーが会社を引っ張っていくような、そんな未来を目指します!

PAGE TOP

Q&A

Q1.今後の人生や仕事において抱いている、目標や夢は?
仕事をするために何かを我慢するより、いい仕事をすることで暮らしも気持ちも豊かになることを目指したいです
仕事が楽しくて充実していれば、家に帰ってからも「今日はいい仕事ができた」と気分もいい! そんな毎日にしたいです。
Q2.一緒に働きたい部下のイメージは?
さまざまな角度・視点から物事をとらえることができる人
そして、自分の意見をしっかり言える人。
Q3.休日の趣味や、気分転換の方法は?
アコースティックギターを弾くことです
昔はライブもやっていたので、今でもたまに知り合いから誘われたときは一緒にやったりしています。あとは甥っ子と姪っ子に会いにいくこと(笑)。甥っ子は音楽をやっているので、趣味も合うんです♪

本掲載内容は2016/8/9時点でのものです

PAGE TOP