VALWAY採用サイト

管理本部 人事総務部
主任
小山 紀子
(2007年入社)

いつか「VALWAY121ネットで
仕事がしたい!」と、
応募が殺到する日を夢見て

私は今、人事グループで採用業務に携わっています。各プロジェクトから要請を受け、求人広告の出稿、派遣会社へのアプローチ、企業説明会の開催…といった、さまざまな方法で一緒に働く方を募集し、皆さんとお会いすることが仕事です。
 応募してくださった方が当社で活躍していただけるか、事業運営本部やクライアント企業が求めている適性に合っているかどうか…。判断材料はいろいろありますが、採用が決まれば、1日の大半の時間を当社で過ごしていただくことになります。そういう意味では、非常に責任のある仕事です。

札幌市内には、ほかにもコールセンターがたくさんありますし、欲しい人材を確保することは大変難しい状況にあります。求職者の求める条件もさまざまですから、市場動向を正確に捉え、あらゆる方法で当社を知っていただく努力が必要です。その先に応募していただくこと、さらに最終的には入社いただけることを日々、地道に目指しています。そうした業務の中で、各プロジェクトの要請に応えられる人員を確保できたときはもちろんですが、縁あって当社にご就業いただけた方が実際に働いてみて「職場の環境がいい」、「人に恵まれた」、「今後もお仕事を続けていきたい」といったポジティブな声が聞けた時は、やっぱりうれしいですし、「この仕事を担当していてよかった」と心から思います。

いつか求人広告を出さなくても、「VALWAY121ネットでお仕事をしたい」と応募が殺到する企業にしたい−−−。それが私の夢というよりミッションです。

小山 紀子「もっとも大切なのは社員」

「もっとも大切なのは社員」
その会社理念を実感できる職場
だからこそ、自信が持てる

入社当時、「この会社は社員が創り上げていく企業なんだ」と強く感じた記憶があります。今もその印象は変わりません。物事を「0」(ゼロ)から考えたり、前例に囚われることなく選択できたり…。もちろんすべてが成功しているというわけではないけれど、仕事に向き合う体制がとてもフラットでアグレッシブ。それは当社の魅力だと思っています。

私は今、2人の子どもを育てながら仕事をしています。フルタイムで働くことは大変ですが、当社は福利厚生制度が充実しているので産休育休制度を利用させていただき、職場復帰を叶えることができました。周りの理解もあって、助けられることが多く、感謝しています。

まだ子どもが小さく、風邪や熱で保育園から呼び出しも多々ありますが、上司や同僚から「家庭を大事にしていいよ」と言葉をかけてもらって、とても気持ちが楽になります。人事グループでは、社員の為の制度拡充に向け、日々邁進しております。そういった会社全体が社員を大切にしてくれているのが実感として得られているからこそ、自信を持って仕事に向き合えるし、頑張れるんだと思います。

PAGE TOP

Q&A

Q1.今必要な戦力、人材のイメージは?
変化を恐れず、新しいことも臆せず挑戦できる人
VALWAY121ネットの風土にぴったりかと。既存のもの、これまでの“あたりまえ”、前例に囚われることなく、新しい発想や価値観を持つ人と一緒に働くことができたら、うれしいですね。
Q2.座右の銘は?
なるようになる!
仕事も子育ても、思う通りにいかないことはあります。そんな時は「なるようになる」と自分に言い聞かせて、まずは目の前のことを取り組む。そして前に進むようにしています。
Q3.休日の過ごし方、気分転換の方法は?
子どもと遊んだり、友人と過ごしたり…
子どもと思いっきり遊んだり、友人とごはんを食べに行ったり…休日はそんな風に過ごすことが多いですね。ちなみにリフレッシュしたい時は、1人で何かに没頭する時間を作るようにしています。

本掲載内容は2015/10/1時点でのものです

PAGE TOP