VALWAY採用サイト

事業運営本部 第2APS部
グループマネージャー
藤本 純一
(2007年入社)

グループマネージャーとして
次世代を担う
後進の育成に尽力したい

僕は同じ業界(コールセンター)から当社に転職してきました。現在はグループマネージャーとして、4つのプロジェクトの管理監督、運営全般に従事しています。具体的には各プロジェクトのKPI(重要業績評価指標)と収支管理およびクライアント企業の状況を把握し、グループとして最良の成果を出せるように指揮をとる立場にいます。
 グループマネージャーとは、主にスタッフの統括を行なう職種です。つまりスタッフの人たちへの指導がメインの業務になるわけですが、当社ではクライアント企業のコンサルティング業務を通じて、経営全般を学ぶことができます。最初は小さなプロジェクトでも、人員の採用からお金のやりくり、運営に至るまでを把握しておかなければならないのはもちろんのこと、競争相手である同業他社との差別化を図るために、独自の提案も必要になります。新しいことにチャレンジするためのグループ戦略も策定し、実行しなければならないので、グループマネージャーの一連の業務の中には、スキルアップのチャンスがたくさんあります。

また最近は、会社や自分自身の成長はもちろん部下の言動や行動、仕事のプロセスも含めた成果に成長を垣間見ることができたときに喜びを感じます。やはりグループマネージャーという立場になったことが大きいと思いますが、みなさんの個性、スキルを有効に活かすための監督、采配にやりがいを見出しています。言うまでもなく、人によって長所・短所は異なりますし、状況に応じた育成手法を検討していくことは容易ではありませんが、次世代を担う後進の育成にはますます力を尽くしたいと思っています。

大澤 繁「チームワークこそ、営業の武器。」

対話を大切にするから、
社内の風通しがよく、いい意味で
“やわらかい”雰囲気が漂う職場

転職してきた僕にとって印象的だったのが当社「VALWAY121ネット」は、非常に社内の風通しが良い会社だな、と。業務の中ではささいな相談や報告もこまめにしていますし、活発な意見交換も日常の風景です。対話を大切にする風土があって良い意味で上司と部下の壁がない。だから職場の雰囲気も“やわらか”(=柔軟)くて、みんな仲がいいんです。もちろん厳しいことやつらいこともあると思いますが、そういう意味ではとても働きやすい会社だと感じています。

僕自身は、部下と向き合うときに「視野視座視点」を心がけています。視座が見る位置(=立場)、視野が見る範囲、視点が着目しているポイントを意識することで自分の視野狭窄に気づくこともありますし、部下や同僚とのコミュニケーションをとりやすくなると考えているからです。常にあらゆる角度から物事を考えて、認識や見解が偏らないよう努めることで、ますますみんなのやる気を引き出せる環境を作っていきたいと思います。

PAGE TOP

Q&A

Q1.今、必要な戦力、一緒に働きたい部下のイメージは?
アグレッシブ&ポジティブ!
積極的でポジティブな人材に巡り会えたらうれしいですね。困難な業務や失敗にもめげない人(笑)。あとは良い意味で従来の枠に囚われない柔軟な発想ができる人。
Q2.休日の過ごし方、趣味は?
うまいものめぐり。
美味しいものが大好きなんです。百貨店などで開催される物産展や、グルメイベントには妻を誘って欠かさず足を運んでいます。旅行を選ぶポイントも、やっぱり「食」。飲んで食べて…それが一番のリフレッシュ法ですね。
Q3.将来の夢は?
小さなお店を持つこと!
食べること、飲むことが好きなので、小さな飲食店をいつか持てたらいいなと…まだまだ先の夢ですけどね(笑)。今はまだ日々の仕事を通して、さまざまなことを学んでいるので、いつか活かせるチャンスがあったらと思っています。

本掲載内容は2015/10/1時点でのものです

PAGE TOP